イヤホン選びのヒント

自分にぴったりのイヤホンを見つけよう!

音楽や音声コンテンツを楽しむための必需品であるイヤホン。近年はワイヤレスイヤホンが主流となり、機能やデザインも多様化しています。しかし、いざ購入しようとすると、種類が多くてどれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

イヤホン選びのポイントをいくつかご紹介します。

使用シーン

イヤホンをどのようなシーンで使うのかによって選択しましょう。

  • 通勤・通学: 完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。コードがないので動きやすくなります。騒音を抑えるノイズキャンセリングモデルが人気です。
  • 運動: スポーツ向けのワイヤレスイヤホンを選びましょう。防水・防滴機能付きで、激しい動きにもズレにくいです。耳穴を塞がないので周囲の音が聞こえやすい骨伝導イヤホンがおすすめです。
  • 音楽鑑賞: 音質にこだわりたい場合は、ハイレゾ対応イヤホンやリケーブルイヤホンがおすすめです。
  • ゲーム: 遅延の少ない有線接続式やゲーミングモード搭載のワイヤレスイヤホンが人気があります。
  • 通話:マイク性能が重要な場合は、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンがおすすめです。

装着方法

イヤホンには、大きく分けて3種類の装着方法があります。

  • カナル型: 耳の奥に挿入するタイプ。遮音性が高く、音漏れも少ないのが特徴です。長時間使用すると耳が疲れる場合もあります。
  • オープンイヤー型: 耳を塞がずに装着するタイプ。周囲の音も聞こえやすく、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。音漏れしやすいというデメリットもあります。
  • 骨伝導型: 骨を通して音を伝えるタイプ。耳を塞がないので、周囲の音も聞こえやすく、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。

機能

  • ノイズキャンセリング: 周囲の騒音を抑えて、音楽や音声をクリアに聴ける機能です。
  • 外音取り込み: 周囲の音を取り込む機能。音楽を聴きながら周囲の音も聞きたい場合に便利です。
  • 防水・防滴: 雨や汗で濡れても壊れない機能。運動やアウトドアで使用する場合は必須です。

音質

イヤホンを選ぶ上で、最も重要なポイントの一つが音質です。

  • 高音質コーデック: ハイレゾ等、高音質コーデックに対応したイヤホンを選ぶと、よりクリアで豊かな音質を楽しむことができます。代表的なコーデックには、aptX、LDAC、AACなどがあります。

音域: 低音域、中音域、高音域のバランスが良く、自分が好きな音楽ジャンルに合った音域のイヤホンを選びましょう。

  • 低音域が強めのイヤホンは、迫力のあるサウンドを楽しみたい方におすすめです。
  • 高音域がクリアなイヤホンは、ボーカルの声をしっかりと聴きたい方におすすめです。

接続方式

イヤホンには、有線とワイヤレスの2種類の接続方式があります。

  • 有線イヤホン: 音質劣化が少なく、安定した接続が可能です。価格も比較的安価なものが多いですが、ケーブルが邪魔になるというデメリットがあります。
  • ワイヤレスイヤホン: ケーブルの煩わしさから解放され、気軽に音楽再生が可能です。近年は充電ケース付きのものが主流で、持ち運びにも便利です。
    絞り込み方法
      38個の商品