Mac 対応キーボード

Mac Keyboardで快適なタイピング体験を

Mac対応キーボードを選ぶ際のポイント

Macユーザーにとって、キーボードは作業効率を左右する重要なツールです。しかし、純正キーボード以外にも、さまざまな種類のMac用キーボードが販売されており、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

kitcut plusでは、Mac対応キーボードを選ぶ際のポイントや、おすすめのキーボードを紹介していきます。

キーボード配列

Mac対応キーボードには、日本語配列とUS配列の2種類があります。日本語配列は、日本語入力に最適化された配列です。

一方、US配列は、英字入力に最適化された配列です。普段どのような用途でキーボードを使用するかによって、最適な配列は異なります。

  • 日本語入力が多い場合は、日本語配列がおすすめです。
  • プログラミング用途など英字入力が多い場合は、US配列がおすすめです。
  • 両方の言語を頻繁に使用する場合は、日本語配列とUS配列を切り替えられるキーボードを選ぶのも良いでしょう。

MacキーボードとWindowsキーボードでは、修飾キーやファンクションキーの位置が異なります。

キータッチ

キータッチは、指の疲労度やタイピング速度に影響する重要な要素です。

  • パンタグラフ式:パンタグラフ(シザースイッチ)キーボードは、ノートパソコンに多く採用されているキーボードの形式です。メンブレン式よりも薄型で、軽い打鍵感と高いキーピッチが特徴です。Apple純正キーボードに近いキータッチです。
  • メカニカル式:メカニカルキーボードは、従来のメンブレンキーボードとは異なり、各キーに独立した機械式スイッチを搭載しているのが特徴です。 青軸、赤軸、茶軸など、スイッチの種類によって打鍵感や音が異なり、用途や好みに合わせて選ぶことができ、 Macキーボードで人気があります。
  • メカニカルスイッチ

    メカニカルスイッチは、押し下げた際に明確なクリック感と反発力を得られるため、指に心地よい打鍵感を与えてくれます。

    メンブレンキーボードの膜と比べて摩耗に強く、長期間の使用にも耐えられます。一般的なメンブレンキーボードの寿命が500万回程度なのに対し、メカニカルキーボードは数千万回のキーストロークに耐えられるものも多く存在します。

    メカニカルキーボードは、青軸、赤軸、茶軸など、スイッチの種類によって打鍵感や音が異なり、用途や好みに合わせて選ぶことができます。また、キー配列やデザインもバリエーション豊富なので、自分にぴったりのキーボードを見つけられます。

  • 赤軸:軽めのキータッチで静音(オフィス・ゲーミング向け)
  • 茶軸:入力時にクリック感あり通常の打鍵音(スタンダード/初心者向け)
  • 青軸:しっかりとした打鍵感とサウンド(タイピスト向け)
  • 機能

    数字入力に便利なキーパッド付き、テンキーを省いたテンキーレス、持ち運びに便利なコンパクトなモデル。無線で接続できるモデルなどがあります。

    おすすめのMac用キーボード

    Mac対応キーボード

    絞り込み方法

      Mac用のキー配列モデルやメカニカル、メンブレン、フルサイズ、テンキーレスモデルなど豊富なラインナップ。iMacなどのデスクトップモデルやMacbook、MacBook Air、MacBook Pro等に対応したキーボードを取り扱いしています。

      33個の商品